わきがなどを治療で改善【ボトックスDEデトックス】

美容

超音波による治療

アメリカで開発されました

ウルセラは皮下組織に超音波を照射するたるみ治療機です。画像診断用の超音波は医療現場で使用されていますが、その同じ超音波をたるみ治療に応用する研究がアメリカの各研究機関で行われてきました。原理はエコー画像診断と同じです。そして2004年に超音波によるたるみ治療機であるウルセラが開発されました。症例数が増え、同時に開発が続けられ、2012年にはアメリカのFDAでたるみ治療に効果があると正式に認可されています。 ウルセラは皮下組織を引き締めることによってたるみを治療します。日本でもウルセラを導入するクリニックが多くなっています。 また、ウルセラは皮下組織にピンポイントで超音波の熱エネルギーを照射するため、訓練と医師の技術力が重要となります。

切らないリフトアップです

ウルセラは高密度焦点式とよばれる方法で超音波の熱エネルギーで皮下組織を刺激し、たるみを解消します。従来のレーザー機器ではできなかった筋膜への働きかけができます。深い部分のコラーゲン組織を熱エネルギーで収縮させることでたるみを解消させます。また皮下組織を刺激することでコラーゲンの生産を促し、美肌になります。切るリフトアップでも筋膜を同時に引き上げないと効果が薄いと言われますが、ウルセラは切らずに筋膜に働きかけ、たるみを解消する画期的な機械です。 ウルセラは照射する深さの調節ができることが利点です。肌の表面や、筋膜などの深いところまで、ピンポイントで照射できます。また画像診断に使用されている超音波ですので、画像を見ながら照射できるという点が従来の機械と違うところです。