わきがなどを治療で改善【ボトックスDEデトックス】

美容

多汗症の治療を受けよう

保険は使えないです

ミラドライというのは2010年頃に日本に導入された新しいわきがや多汗症の治療方法です。マイクロウェーブにより汗腺を破壊する事によって治療を行う方法で、汗腺を破壊するために制汗剤などのような一時しのぎの対症療法とは異なる方法です。 わきが治療は健康保険が使える治療方法もあるのですが、健康保険を使うためには指定の治療方法でなければならず、ミラドライの場合は保険が使えないので治療にかかる費用は高額になってしまいます。大体、30万円から40万円程度が相場となっていて、保険が適用された場合の治療方法が大体5万円程度であるために、かなりの高額となってしまいます。 ただ、高額であってもミラドライは最新の治療方法であるために、体をメスで切開しないというメリットは大きいです。

傷跡が残らない画期的な治療方法

わきがの治療で体をメスで切開せずに治療する方法は、制汗剤を用いたりボトックス注射を行うなどの一時しのぎにすぎない方法ばかりでした。軽度のわきがであれば、それらの方法でも十分に効果はあるものの、重度の場合は切開して汗腺を取り除く必要があり、身体に負担がかかるという問題や傷跡が残ってしまう問題があったのです。 しかし、ミラドライが登場する事によって、わきが治療は大きく変わりました。身体を切開しなくて済むために、傷跡が残らずに体への負担も少なくて済み、しかも汗腺を破壊する治療方法であるために、根本的な原因を取り除く事が出来るのです。 このように従来の治療法のメリットを合わせた治療方法となっており、ミラドライは人気があります。